ポリオ、アフリカ地域はWHO根絶宣言へ 残るは2カ国

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはWHOから!

ポリオ、アフリカ地域はWHO根絶宣言へ 残るは2カ国

ざっくり説明

 かつては日本を含む世界中で猛威を振るった感染症ポリオ(小児まひ)について、同感染症が残っていた最後のアフリカ地域・ナイジェリアでの根絶が認定されることになり、アフリカ地域全土での根絶の見通しとなった。世界でポリオが残るのはアフガニスタン、パキスタンの2カ国のみとなる。

 

同国への支援を長年続けた国際協力機構(JICA)によると、ナイジェリアでは2016年を最後にポリオの感染が確認されていない。JICA人間開発部保健第1グループの平岡久和課長は「アフリカの広大な土地でポリオがなくなることは非常に大きい一歩だが、ゴールではない。国際社会が一丸となって根絶まで(取り組みを)続けないといけない」と訴えた。

 

日本は2000~12年、無償資金協力で約81億円のワクチン調達支援、14年にはワクチン接種キャンペーンのため総額82億円を超える円借款をナイジェリア政府と締結し、ポリオ撲滅に向け協力してきた。

 

詳しい内容はこちら↓

朝日新聞より引用(https://news.yahoo.co.jp/articles/1857cdb5cdf52d9d76ae4780d16ae68ae5e3f882

今猛威を振るう新型コロナウイルスも、こんな風にニュースになる日がくるのでしょうか。
以上、ヒトミでした!