南アフリカ コロナウイルスの影響を受けたホームレスたちをケア

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはコンゴ民主共和国から!

南アフリカ コロナウイルスの影響を受けたホームレスたちをケア

ざっくり説明

南アフリカのボランティアたちが、ギャングの紛争からの流れ弾の危険性に日常的にさらされている貧困層の人々のケアを行っている。

 

ケープタウンのあるグループはホームレスの人々や子どもたちに食料配布を行った。コロナウイルスの影響により国の財政に大きな負担がかかり、援助を必要としている人が増えたことで、彼らは1日に2回300人に食事を提供している。ただ、その配布場所はギャングの抗争の中心地であるサッカー場などだという。

 

ホームレスの43歳男性はこう語る。「以前行っていた、食べ物をもらえる教会の多くは今は閉鎖されている。だから私たちはここに来なければならない、暴力行為が起こっていても安全に食料が手に入れられることを神に祈りながら。

詳しい内容はこちら↓

Africa news.より引用(https://www.africanews.com/2020/09/14/south-africa-feeding-the-homeless-affected-by-covid/

危ない、最善でないとわかっていても、それしか選択肢がない。貧困がそういうものだと痛感させられるニュースです…
以上、ヒトミでした!