戦闘続くエチオピア北部、1万人超が隣国スーダンに避難 兵士の姿も

こんにちは!!ヒトミです!

 

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

 

今日のニュースはエチオピアから!

戦闘続くエチオピア北部、1万人超が隣国スーダンに避難 兵士の姿も

ざっくり説明

エチオピア北部ティグレ州で連邦政府軍と州政府与党「ティグレ人民解放戦線(TPLF)」の戦闘が続く中、少なくとも1万1000人のエチオピア人が隣国スーダンに流入している。避難してきた人々の中には、エチオピア人兵士らも含まれているという。当局者は、スーダン側の支援態勢は限界に近づいていると述べ、国際社会の支援の必要性を訴えた。

 

 昨年ノーベル平和賞を受賞したエチオピアのアビー・アハメド首相は10日、「犯罪集団が武装解除し、ティグレ州に合法的な行政が回復し、逃亡者らが逮捕されて裁判にかけられ次第」軍事作戦は終了すると述べている。

 

 ただ、同首相は、TPLFが「越えてはならない一線を越え」て連邦軍の基地2か所を攻撃したと非難しているが、TPLF側はこれを否定している。

 

詳しい内容はこちら↓

AFPBB Newsより引用(https://www.afpbb.com/articles/-/3315519?cx_part=top_category&cx_position=1

今の今、世界で起こっている紛争。一人でも多くの人が安全でいられますように…
以上、ヒトミでした!