南スーダンで先天性異常が急増

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースは南スーダンから。

南スーダンで先天性異常が急増

ざっくり説明

南スーダンで先天性欠損症が増加していて、原因は油汚染ではないかとみられている。

 

AP通信が見た地元の擁護団体による環境報告書によると同国ユニティ州の油田集権の先天性異常は2015年から2017年の間にほぼ3倍になった。研究が進行中のためまだ公開はされていない。

一方で、油相のAwow Daniel Chuang氏は油汚染と先天異常との関連を「時期尚早な推測」と述べている。

 

世界保健機関は、石油や採掘関連の化学物質へ晒されることは胎児に有害である可能性があると伝えている。

詳しくはこちらへ
利益ばかりを求めた採掘が周囲の人々や環境に悪影響を与えてしまうのは、悲しいこと。原因の追究を徹底して、みんなが共存できる、持続可能な関係を探ってほしいです。
以上、ヒトミでした!