【月間マラウイ】創刊!気になるマラウイニュースや新着情報盛りだくさん!

こんにちは青柳直希(あおやぎなおき)と申します。大学卒業後、新卒から国際協力機構JICAで働いています。

 

2019年6月からマラウイに住んでいましたが、新型コロナウイルスの影響で日本に一時帰国していました。

今月よりマラウイに戻りましたので、気軽に移動出来ない今、少しでも皆さんにマラウイをお届けしようと「月間マラウイ」を始めました!

 

 

マラウイの文化や習慣、他にも私が行っている活動や関わっているプロジェクト、日常生活などを気ままに綴っていきます。

 

JICAや国際協力、そして私自身のことについて詳しくは是非こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです!

ジャカランダが満開!

マラウイの春(9 月)の風物詩であるジャカランダが満開でした。ジャカランダはノウゼンカズラ科に属する中南米原産の植物です。和名は「紫雲木」です。

 

マラウイの首都リロングウェでは毎年9月上旬ごろから綺麗な紫の花をつけはじめて10月上旬ごろまで綺麗に見ることができます。

 

10月中旬の現在は、だいぶ緑が多くなっていますが、それでも一部きれいに咲いています。

 

マラウイ立体交差点開通

マラウイで初となる立体交差点が完成しました!

 

この交差点ができるまで大変大きな工事が続いており、この周辺はいつも渋滞でした。この交差点はマラウイの空の玄関口であるカムズ国際空港とリロングウェ市内をつなぐ重要な交差点であり、多くのマラウイ市民がこの交差点を一眼見ようと連日多くの方が訪れていました。

 

 

スーパーに活気が戻る

マラウイの日常がだいぶ戻ってきました。

マラウイの街の様子ですが、僕が日本に帰国した4月ごろと大きく変わらないような日常が広がっています

 

 

街中を歩いている人はほとんどの方がマスクをつけていません。

 

ただし、お店に入る時や銀行やレストランに入る時も皆さんマスクを着用することが義務付けられています。なのでポケットにマスクを携帯してすぐマスクをつけれるように準備している人が多いです。

 

ちなみに街でマスクは普通に買えます。

10月15日はMother's Day

 

10月15日はマラウイの祝日Mother's Dayです。全てのお母さんに感謝の意を示す祝日です。日本では5月の第二日曜日ですね!

 

マラウイでは、A-GOALプロジェクト「ローカルスポーツハブにしたコロナ対策支援プロジェクト」を行なっています。A-GOALが活動を行なっているチェンベ村でも沢山のお母さんたちがいます。

 

Mother's Dayに合わせて、村のお母さん達に感謝を伝えて葉物野菜を配布しました。

 

A GOAL とは
現地の地域サッカークラブを核に食糧支援・感染症予防支援を行う「ローカルスポーツハブ支援プロジェクト」です!。「スポーツの力」を活用した新型コロナウイルス対策支援プロジェクトを行い、アフリカで新型コロナウィルスの影響により仕事や日々の食事を失った人々を支援します!
https://a-goal.org/
https://twitter.com/AGOAL2020

アートでマラウイとつながる

11月14日に、「日本アフリカ現代美術協会」主催で、【アフリカアートツアー《 マラウイ編 》 アートが生まれる現場を体感する旅 】が開催されます。

 

アーティストとのライブ中継ありますので、興味がある方は以下のリンクからご参加申し込みください。

https://peatix.com/event/1653462?fbclid=IwAR03bQcM5oU1Vtetavov-zUdH23ax8mj9I5P5aaUUWEKjK3xI4TTz97mmpo

 

マラウイの大手新聞であるThe Nationにも掲載されていました。

 

JICAマラウイ事務所新着記事

JICAマラウイ事務所では、公式HPでイベントレポートを公開しています。9月と10月の更新はボランティアからのレポート3本です。(リンクは別タブで開きます。)

 

マラウイボランティアレポート「広がれ、世界。ンサナマ村のキャリア支援」

https://www.jica.go.jp/malawi/office/information/event/20200909.html

 

マラウイボランティアレポート「チテンジで描く大きな飛行機」

https://www.jica.go.jp/malawi/office/information/event/20201015_01.html

 

マラウイボランティアレポート「ONE WORLD-歌でつながる日本とマラウイ-」

https://www.jica.go.jp/malawi/office/information/event/20201015_02.html

 

・JICA Malawi Facebook(英語記事のみ)

またJICAマラウイ事務所では、Facebookで記事を投稿しています。

今月は病院へのコロナ対策支援機材の供与とマラウイ国道1号線(M1)の改修工事にかかる署名の記事のいいね!が多かったです。(リンクは別タブで開きます。)

 

HAND-OVER CEREMONY FOR COVID-19 SUPPORT TO KAIZEN BENCHMARK HOSPITALS

 

SIGNING CEREMONY FOR THE EXCHANGE OF NOTES AND GRANT AGREEMENT FOR THE IMPROVEMENT OF ROADS IN THE CITY OF LILONGWE: M1 ROAD

 

またオンラインで行ったABEプログラム(*)の活動報告会の様子をJICA広報室Facebookにアップいただきました。

#マラウイ#ABEイニシアティブ 帰国生 遠隔で報告会実施!】

 

YouTubeマラウイチャンネル宣伝

 

「マラウイチャンネル」では私の愛してやまないマラウイ共和国の紹介や見どころはもちろん、マラウイの文化や人々の暮らしJICA海外協力隊などマラウイで活躍する日本人の紹介を行っています。

 

今月の新着動画情報です!

 

村の様子

アフリカ・マラウイの北部ムヘレンベに住む隊員の1日を描くシリーズ。ガスなし・電気なし・水なしの村で暮らす川渕隊員は、いつものモーニングルーティーンを終えた後、青年海外協力隊の活動を行うために同僚の家に向かうのであった。村の人々との心温まる交流どうぞご覧ください。

 

マラウイの青年発明家のお家に行ってみた

 

マラウイの青年発明家エルトンくんの家に訪問して、彼が作ってきた数々の発明品を見せてもらいました。夏休みなどの学校が休みの期間を利用して、風車やラジオ局などを作っているエルトンくん。そんな彼の将来の夢はエンジニア。「自分が働いて家族の生活を支えたい」彼のこの言葉が忘れられません。マラウイで生まれた青年がどんな風にものづくりに励んできたか、そしてどんな夢を抱いているのかご覧ください。

 

マラウイチャンネルについての詳細はこちらの記事で!

 

最後に

マラウイは感染症危険レベル3(渡航中止勧告:渡航はやめてください)です。ここ1ヶ月くらいは新規感染者数は、0-10人で推移していますが、まだまだ油断はできません。

 

もう少しコロナが落ち着いてから皆さんがマラウイに訪れることを楽しみに待っています!