【RAFFITIA】マダガスカルの女性たちの思い、希望、夢を共に編み込んで。

RAFFITIA(ラフィティア)は、マダガスカルで長く仕事をしてきた井口あゆみさんが立ち上げたフィア専門店のブランドです

 

大学を卒業後に社会人としての第一歩を踏み出した、マダガスカルに魅了され、その後いろいろな仕事を経たのちに現地の女性起業家たちと一緒に、世界最高品質といわれるラフィアを使い、手先の器用なマダガスカル人のスキルを活かし、関わる両国の人たち(特に女性)を笑顔でつながげていきたいと言う思いからRAFFITIAが生まれました。

 

ラフィアを編むことは生計を立てることでもある現地の女性。

 

しかし編んでいるのはラフィアという繊維だけではありません。

 

それぞれの思い、希望、夢・・・

 

一緒に築いていく女性たちのストーリーを編んでいます。

RAFFITIA (ラフィティア)の意味

RAFFITIAとはラフィア(RAFFIA)とマダガスカル語でを意味する、FITIAを合わせた造語です。

 

ラフィアが大好きで、普段使いのラフィア、ラフィアのある暮らしを目指しているブランドです。

ラフィアとは?

ラフィア椰子の葉の植物繊維のことで、主に夏物のバッグや帽子に使われている素材。

 

マダガスカルはこのラフィア椰子の原産国として有名です。

 

ラフィアに含まれる樹脂はある程度の撥水効果もあり、そしてこの樹脂のおかけで使うほどに艶がでてしなやかになっていく魅力があります。

 

使い始めは、遠い地であるマダガスカルのお日様の香りがする、温かみのある素材です。

 

 

ラフィア商品を日常に取り入れることで、ひと編みひと編みに託された現地の女性の思いを、そして、通り抜けるマダガスカルの風を感じ、笑顔がつながっていくことを目指しています。

 

画一化された工場生産とは違う、染めからすべて手作業で行うラフィアという素材を使った、手仕事の風合いを味わって下さい。

 

紅茶の葉を使った自然染

 

束になっているラフィアをほどき、砂埃などを落とすために水にさらして洗い、その後乾燥させます。

 

 

こうして下準備したラフィアを今日は現地で栽培しているSAHAMBAVY紅茶の茶葉染め。

 

 

出したい濃淡は茶葉の量で決まります。お酢とお塩も使います。

色がしっかり入ったら水気を切って風通しのいいところで干して再びよく乾かします。

 

 

こうして染められたラフィアをアトリエの女性たちが編んでいきます。

 

紅茶で染めたラフィアで編んだ帽子の一例です。

 

 

すべてが天然草木染めではないのですが、染めることによって様々な色を出すことができるので、作るものの想像力をかきたてられます!

 

 

カラフルなラフィアを編み子さんたちがせっせと編んで形にしていきます。

 

代表 井口あゆみさん

幼少期よりコスモポリタンな都市パリ(フランス)で育つ。

 

アフリカで仕事がしたいという漠然とした想いは、フランスの高校の修学旅行でジュネーブの国連を訪れた時にどこからともなく湧き上がった。

 

パリで大学生活を送り、その後、得意のフランス語を使って国際協力の仕事を目指すべく、マダガスカルで社会人の第一歩を踏み出す。

 

その20代から現在にいたるまでには、アフリカ大陸の仏語圏の国々で仕事をする機会も多くいただきとてもエンジョイするものの、社会人として最初に一人暮らしをしたマダガスカルへの思いがことのほか強くその時からお世話になり続けているマダガスカルの人たち、特に輝いて働く現地の女性たちと一緒に、大地の恩恵に感謝しながら、日常を楽しくしてくれるものづくりの一端を担えたらという思いで会社を設立。

 

マダガスカル女性によるラフィアという素材の手仕事を日本に紹介しながら、お客様からの声、フィードバックを反映していくものづくりを目指す。

 

同時に、ラフィア椰子というマダガスカル島の大切な自然資源を使わせていただいていることを忘れないものづくりをモットーにする。

 

売上の一部をラフィア椰子の植樹に還元していくことが次なる目標

 

実は「なぜマダガスカル?」ということをあまり真剣に考えたことはなく、多感な20代に南半球のマダガスカルに行く機会を得て、社会人としてデビューした自分が「今、できること」を形にしただけというのが正直なところかもしれない。

 

自然素材を通じて、作る人の温もり〜大地のエネルギーを届けられるようなRAFFITIAを目指したい。日々奮闘、日々笑笑。

魅力的な商品紹介!

レインボーバッグ

日本の新しい時代、「令和」を祝おうと、現地の女性たちがとびっきりカラフルで、マダガスカルの太陽エネルギーをたっぷり受けたラフィア椰子の繊維でバッグを作りました。

 

小ぶりのポシェットは全7色。

 

現地のラムの革で、長さを調節できる肩掛けベルトを作りました。

 

肩からかけても、斜めがけにしても、ベルトをくるくると短くして手で持ってもかわいいです!

エスニカルクラッチ

 

マダガスカルの部族(全部族ではないのですが・・・)の女性を刺繍で表現したものを、細編みしたラフィアのボディーにマウントしています。部族名のついたタッセルは国内の布作家TIAさんとのコラボ商品です。

 

 

髪の毛などが立体的になっていて、手刺繍、とっても細かいです!!!