ブルンジのピエール・ンクルンジサ大統領、心臓発作で死亡-政府

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはブルンジから。

ブルンジのピエール・ンクルンジサ大統領、心臓発作で死亡-政府

ざっくり説明

ブルンジ大統領のピエール・ンクルンジサが心臓発作で死亡したと政府は確認した。享年55歳。彼の死を確認する声明では、彼が6月8日に倒れたと述べられている。

 

ファーストレディは最近、医学的な理由でケニアの首都ナイロビに移動しており、一部のメディアは彼女が新型コロナウイルスに感染したと主張している。大統領自身も検査の対象となっており、メディアでは彼が入院したと報道されていた。

未曽有の危機の中、国民の生活に影響が出ないことを願いつつ、ご冥福をお祈りします。
以上、ヒトミでした!