ナミビア繁殖地でオットセイ大量死、流産などで推計7000頭

こんにちは!!ヒトミです!

 

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

 

今日のニュースはナミビアから!

ナミビア繁殖地でオットセイ大量死、流産などで推計7000頭

ざっくり説明

ナミビア中部ウォルビスベイ近郊の砂浜で、ミナミアフリカオットセイが大量死していることが分かった。死んだ個体は推計7000頭に上るとみられる。

 

 オットセイの死骸が最初に見つかったのは9月。自然保護団体「オーシャン・コンサベーション・ナミビア」の環境保護活動家が、ウォルビスベイ近郊ペリカンポイントにある繁殖地の砂浜に複数の死骸が打ち上げられているのを発見した。

 

大量死の原因はまだ分かっていないが、研究者らは環境汚染や細菌感染、栄養失調などを疑っている。複数の雌が「痩せこけて衰弱し、ほとんど脂肪の蓄えがない」状態で死んでいたという。

 

詳しい内容はこちら↓

AFPBB Newsより引用(https://www.afpbb.com/articles/-/3311992

環境汚染がより深刻な問題になってきている今、私たちの生活もより持続的なものへ、加速度的に変えていかなければいけないです…
以上、ヒトミでした!