第18回【感嘆詞編】スワヒリ語でもっと感情を表そう!!

もっとスワヒリ語で感情表現!!
~感嘆詞編~

こんにちは。ALL ABOUT AFRICAスワヒリ語学習室です。

学習したスワヒリ語を用いて会話をしていると、驚きや感動の場面もきっとあるはず。
今回は、もっと自分の気持ちを表現する感嘆詞を学んでいきましょう!!

家を訪問しよう!!

1) Hodi, hodi
→「ごめんください

発音: ホディホディ

日本では、誰かの家を訪問すれば、まずチャイムをおしますよね。
スワヒリ地域で誰かの家を訪問するときは、"Hodi, hodi"と叫びましょう!
これは日本での「ごめんくださーい!!」というニュアンスの言葉です。

2 ) Karibu
→「ようこそ

発音: カリブ

Hodi に対する返答はKaribu。
相手が複数の場合は語尾に ni を付け、Karibuni (カリブーニ)になります。

驚きを表そう!!

1) Ala!
→「まあ!あら!え!

発音: アッラ!

とっさに驚いた時によく使うのがこの言葉。
「あら」という日本語の言葉があるので馴染み深いですね!

 

2) Kumbe!
→「まじ!?びっくり!!

発音: クンベ!

Alaの時よりもKumbe?!を使うときはびっくりの度合いも高まります。

 

3) Kweli!?
→「本当に!?

発音: クウェリ!?

Kweli ? は英語で言うと“ Really ? ”に近い表現。
Kweliの前にNiをつけて、Ni kweli !? ということもあります。

 

3つを使いこなして、スワヒリ語でびっくりを表してみましょう!

ねぎらいの言葉はどう言うの?

1 ) Pole!
→「気の毒に、おつかれさま

発音: ポレ

返答例: Asante (ありがとう)

例えば、友達が転んでしまったのを見たとき、すかさずPole!と言ってあげましょう!!
ちなみに、この単語を2回繰り返してPolepoleとすると、「ゆっくり」という意味になります。
Polepoleな生活はアフリカでの醍醐味かもしれないね!!

 

会話例

A: Unaongea Kiswahili vizuri sana. Lini ulikwenda kule?   「君はスワヒリ語をとても上手に話すね。いつ向こうに行ったの?」

B: Kusema kweli, sijawahi kwenda Afrika.    「実を言うと、アフリカには行ったことがないよ。」

A :   Kumbe!? Nilifikiri ulikaa kule kwa muda mrefu.「まじ!?長い期間向こうに住んでたのかと思ってた。

B: Siku nyingine ninataka kwenda Tanzania!!「いつかタンザニアに行きたいな!!」

 

第18回はこれで終わりです。みなさん、ここまで見てくれて、Asanteni sana! どうもありがとうございました!

次回第19回はスワヒリ語の面白さの一つである、「名詞クラス」について学習します!!お楽しみに!

それでは Kwa herini! さようなら!

 

Maneno muhimu = 重要単語
hodi hodi=ごめんください /karibu = ようこそ / Ala = あら、おや、まあ / kumbe = まじ!?びっくり! / kweli = 本当に? / Pole = 気の毒に、お疲れ様 / ongea = 話す / lini = いつ / sema = 言う / kusema kweli = 実を言うと / wahi = ~したことがある、間に合う / fikiri = 考える / muda = 期間 / mrefu = 長い