エチオピア北部州で民間人「大虐殺」 人権団体報告

こんにちは!!ヒトミです!

 

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

 

今日のニュースはエチオピアから。

エチオピア北部州で民間人「大虐殺」 人権団体報告

ざっくり説明

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは12日、エチオピア北部ティグレ州で民間人が多数殺害される「大虐殺」があったと報告した。目撃者らは、連邦政府と戦闘状態にある州政府与党「ティグレ人民解放戦線(TPLF)」を支持する勢力の犯行だと非難している。

 

 昨年ノーベル平和賞を受賞したアビー・アハメド首相の連邦政府とTPLFの軍事衝突が始まって1週間がたつが、多数の民間人の犠牲が報告されたのは初めて。

 

アムネスティの報告書によると、「ティグレ州南西部マイカドラで9日夜、多くの人が刺されたり、切り付けられたりして死亡したことを確認した」。犠牲者は「数百人に上るとみられ」、目撃者の証言によれば凶器はナイフやなたなどの鋭利な刃物だったという。

 

詳しい内容はこちら↓

AFPBBより引用(https://www.afpbb.com/articles/-/3315740

多くの民間人が犠牲になるような政治的対立を一体だれが望むのか…
以上、ヒトミでした!