スワヒリ語でこんにちは!ってどうやっていうの?

こんにちは。ALL ABOUT AFRICAスワヒリ語学習室です。

旅に!会話に!豆知識に!役立つスワヒリ語をご紹介していきます。

第1回は、あいさつから。

 

タンザニア人やケニア人にスワヒリ語であいさつしたら、テンション上がりすぎて怒涛の勢いでスワヒリ語会話がスタートしちゃいます。すべてのご縁はあいさつからですよね。

今回は、たくさんある挨拶のうちから、基本的なものをご紹介しましょう。

 

あいさつ

 

1) Mambo?
→「元気?/こんにちは」

発音: マンボ

返答: Poa!  ポア!

一番簡単でカジュアルな挨拶。若者同士の挨拶にぴったりです。
Mamboの返答は必ずPoa!を使い、英語の「cool!」と同じ意味の返答です。
街中で会う若者と軽く挨拶をかわすなら、Mambo? で十分ですが、立ち止まって話をするとなると、もう少し挨拶は長く続きます。

 

 

2) Habari gani?
→「お元気ですか?」

発音: ハバリガーニ

返答例: Nzuri sana!  ンズーリ サーナ!

 

habariニュースganiどんな?という意味で、直訳すると「どんなニュース?」という意味の挨拶。朝でも昼でも夕方でも、誰にでも使える、カジュアルすぎない、最も一般的な挨拶です。
返答の nzuri「よい」sana「とても」という意味。英語で、How are you? と聞かれたら、元気がなくても一応、I’m fine, thank you. と答えるように、なにはともあれ、Nzuri で答えます。

 

 

3) Habari yako?
→「お元気ですか?」

発音: ハバリ ヤーコ

返答例: Nzuri sana! 

yako「あなたの」という意味で、直訳したら「あなたのニュースは?」という意味の挨拶。返答は同じくNzuri sanaになります。

 

返答が Nzuri sana だけっていうのは「ワンパターンだなぁ」と思う人には、他のパターンもご紹介します!

 

 

返答例一覧表

 

いいよ!いい感じです!

Poa!     訳: クール
Salama!     訳: 平穏な、平安な
Safi!           訳: 清潔な、新鮮な
Njema!      
訳: 良い
Mzima!      訳: 完全な、完璧な
Namshukuru mungu 訳: 
おかげさまで (神に感謝しています)

 

 

まぁまぁかな

Siyo mbaya        訳: 悪くない

 

 

では、会話例をみてみましょう。日本人からしたら、しつこいくらい挨拶を言い合うのがスワヒリ流です。

会話例

A:Mambo! 「こんにちは」

B:Poa! ポア! 「こんにちは」

A:Habari gani? 「元気ですか?」

B:Nzuri sana! 「元気です!」

Habari yako? 「あなたは?」

A:Safi asante. 「元気です、ありがとう」

第1回はこれで終わりです。みなさん、ここまで見てくれて、Asante sana! どうもありがとうございました!

第2回ではもう少し深まったあいさつをご紹介します。それでは Kwa heri! さようなら!

Maneno muhimu = 重要単語
habari=ニュース / gani=どんな / nzuri=よい / sana=とても / yako=あなたの / poa=クール(Mamboの返答)、冷たい / safi=清潔な、新鮮な / salama=平穏な、平安な / -ema=良い / mzima=完全な、完璧な / shukuru=感謝する / mungu=神 / mbaya=悪い / asante=ありがとう / kwa heri=さようなら

 

小森先生のアドバイスコラム

小森淳子 : 大阪大学外国語学部スワヒリ語専攻・准教授
タンザニアなんかを旅行していて、道で出会ったおにいちゃん、おねえちゃんたちと気軽に挨拶するなら、Jambo! - Jambo! とか、Mambo vipi? - Poa! なんかで十分だけど、もう少し知り合いも増えて、たとえば市場で、おじさんやおばさんと知り合いになったり、長老っぽい老人に挨拶する時なんか、もう少し丁寧な挨拶ができた方が、いいよね。アフリカは、日本なんかよりずっと、年齢の上下関係に敏感で、目上の人には、敬意をもった態度で接するのがマナー。
慣れてきたら、目上の人には、Jambo! ではなく、“Shikamoo.” と挨拶しよう。発音は「シカモオ」。「モ」の部分を高く発音します。朝でも昼でも、どんなシチュエーションでも、目上の人に対しては、Shikamoo.そうすると、目上の人は、”Marahaba.” と返してくれます。村なんかに行って、小さい子どもたちが、わーっと寄ってきて、口々に話しかけてくることがあるんだけど、そんな中で、ちっちゃな子どもが、見ず知らずの日本人に、”Shikamoo.” って挨拶してくれる時は、ちょっとカンゲキ。そんな時は、やさしく“Marahaba”「マラハバ」って、返してあげよう。